FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

「お坊さん便」について想うこと


合唱・数珠


いま世間で「お坊さん便」という僧侶の派遣サービスが取り沙汰されていますね。
アマゾンが「お坊さん便」を取扱いはじめたことに仏教界が待ったをかけたことも、
話題になりました。

※「お坊さん便」のHPはコチラ

僧侶、寺院、そして、宗教といった、この非常にデリケートな問題について、
賛否両論、様々な意見、思いが、あるのでしょうが…
個人的には、大変残念な気がするのですが、しかし、
まあ、これが時代に即したカタチなのだろう、と
致し方なく受け入れざるをえない、という境地でおります。

たしかに、寺院との付き合いがない方と寺院をつなぐツールとしては
意味のあるサービスだと思いますし、
大きな問題となっている「お布施が金額として明確で安価」というのも、
悪いことではないと思います。

お布施は決まっているものではないといながら、
この村ではいくら、というように、昔から暗黙の了解で決まっていることが普通で、
親族や近所の人から教わりながら、お布施を包んできたのでしょうから、
親族や地域とのつながりがなくなった今、うちの寺はこうです、と
お布施を明確にしても、そんなに悪いことではないと思うのです。

しかし、私が葬儀社社員だった頃、あるご遺族の一人から質問をうけて、
お布施の相場をお答えした時のこと、
他のご遺族からこっぴどくお叱りを受けたことがありました。
その僧侶へのお礼に如何ほど包むかは、葬家で決めることであり、
とやかく口を出すなど、無礼千万、葬家にも寺院にも失礼である、とお叱りを受けました。
この方のおっしゃることが本来であり、正しいのだと思います。

それ以来、私は、お布施についてはできるだけ触れないようにと思ったのですが、
それでも、多くのご遺族に質問されましたし、
やっぱり、最終的に目安をお答えするのがほとんどでした。

…というようなことで、
お坊さん便は、やっぱり、必要なサービスの一つであると思います。

でも、HPを拝見して一つ気になったのは
やたら「1回きりで呼べる」という文言が全面に押し出されていることです。
寺院の檀家になることを望まないお客さんをターゲットにしているとはいえ、
なんだか、読経、僧侶、そして、仏教自体が、
単に消費されるものに貶められているようで、歯がゆく思います。

葬儀を仏式であげて戒名をいただくということは、
仏教の戒律をうけて、仏弟子になるということなんですから、
仏教徒としての歩みが始まるわけで、
依頼者と寺院の間に、よきご縁を結ぶことが、大事なのではないかなと思います。

そもそも、
お葬式→僧侶よばなくちゃ という構図が問題なんですよね。
仏教に帰依する→お寺とのつきあい→葬儀ができれば依頼 という構図が本来で、
お葬式がきっかけだったとしても、
やっぱり、そういう道順を辿ることが望ましいのではないかと思います。
それが嫌ならば、そもそも、仏教によるお葬式なんてあげなくていいのです!!
僧侶はイベント業者ではないのです。
仏の教えでもって衆生を救わんとする宗教者なのです。

とはいえ、寺院や僧侶も様々で、どうかと思うような僧侶もいます。
けれど、ぜひこの方にお世話になりたいという素敵な僧侶もたくさんいらっしゃるのです。
どういう形であれ仏教に触れようとする方々が、
よき僧侶よき寺院と、よきご縁が結ばれることを勝手ながら祈っております。
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。