FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

讃岐宮(香川県護国神社・乃木神社)(香川県善通寺市文京町)

④讃岐宮・香川県護国神社・拝殿(香川県善通寺市)

善通寺の街の真ん中
青々とした木々の繁る広大な社殿を前にし
背筋の伸びる思いで参拝させていただきました。



実家に帰省中、ふと行ってみたくなった善通寺さんへの道中で
心惹かれる森を見つけたので、寄ってみることにしました。

①善通寺駅

JR善通寺駅から改札を出て、西向きに500mほど直進すると
県道24号線との交差点があります。
その交差点の南西に、木々がもこもこと群生するのが見えます。
これは相当広大な杜にちがいない、と、行ってみました。

②讃岐宮・香川県護国神社(香川県善通寺市)

すると「香川県護国神社」との看板。

実を言うと、今まで「護国神社」と名のつく神社に参拝したことは
ありませんでした。
別に敬遠していたわけではないのですが、特に機会もなく、
まあ、なんとなく、私のイメージする〝神社〟
いうなれば〝八百万の神々〟や〝神話の神々〟を祀るような神社とは
全く異質なものと思われて、強いて参拝したことはなかったのです。

③讃岐宮・香川県護国神社・鳥居(香川県善通寺市)

…が、鳥居さんがあって、狛犬もいて、
普通の神社となんら変わりはないようですね。

④讃岐宮・香川県護国神社・神馬(香川県善通寺市)

神馬の像です。

⑤讃岐宮・香川県護国神社・軍馬の碑(香川県善通寺市)

こちらには、軍馬の石碑があります。

⑥讃岐宮・香川県護国神社・五省の碑(香川県善通寺市)

「五省」の石碑なんかも、そうですよね。
旧海軍兵学校の訓戒。
背筋が伸びる思いです…。


④讃岐宮・香川県護国神社・拝殿(香川県善通寺市)

広大な敷地の中央に鎮座される御拝殿です。
傍に国旗が掲揚されています。

いま、世論は、
戦争で戦って亡くなった方々を祀ることに賛否両論あるようですが、
個人的には、国のために亡くなった方を手厚くお供養し
お祀りすることは当然のことと思います。
そもそも、神道では、亡くなると神になって、
それぞれの家を守る神として祀られていくと考えられているわけですし、
また、今まで訪ねた神社の中に、土地の治水事業を指揮した工事責任者
が祀られている神社(大阪府茨木市の「水神社」)もありましたし、
社会に貢献した人、尽力した人をお祀りするということは当然のことに思います。

…とはいえ、護国神社では、
多くの神社であるような、こんなご祭神があってこんなご利益がある、
というような、そういうことは、どうなっているんだろうと思っていると、

⑧讃岐宮・香川県護国神社・看板(香川県善通寺市)

なるほど、なるほど、
国を守って亡くなった方をお祀りし、感謝すると共に
「家内安全」を祈念するとのこと、だそうです。

⑨讃岐宮・香川県護国神社・説明書(香川県善通寺市)

ちなみに、境内の説明書きに、
お祀りされている御霊の第一座と第二座について、紹介がされていました。

まず、第一座は、小橋友之輔(こばし とものすけ)命。
讃岐高松藩士で、19歳の若さで、禁門の変で長州郡に加わり戦死した幕末の志士です。

そして、第二座は、草薙燕石(くさなぎ えんせき)命。
長州の吉田松陰、高杉晋作、土佐の中岡慎太郎など諸藩の志士と交流があり
、志士を匿うなど協力すると共に、詩人、作家としても活躍した方です。

私の生まれは、まさに、この燕石先生のおいでた場所とほど近く、
地域では「燕石祭り」というのが開催されたり(今もあるのかな…?)
通っていた榎井小学校の敷地内には「呑象楼(どんぞうろう)」とよばれる
燕石先生の別宅が保存されておりました。
この屋敷は、隠し扉などの仕掛けがあるような隠れ住まいのようなのですが、
この二階で酒を呑むと、盃に金毘羅宮のある象頭山が映ることから
〝象頭山を呑む〟という意味で「呑象楼」と名付けられたのだそうです。

こんな方までも、こちらにお祀りされているのか、と思うと、
また味わい深いものがあります。


⑥讃岐宮・乃木神社へ(香川県善通寺市)

護国神社の右隣には、また別の杜があって、
お社が静かに鎮座されています。

⑦讃岐宮・乃木神社(香川県善通寺市)

こちらの社は、「乃木神社」とのことで、
言わずもがな、乃木希典大将をお祀りした神社なのですが、
とてもひっそりとしていて、なんだかうら寂しいような気までしてきます。

乃木希典大将といえば、日露戦争の勝利の立役者であり、
敗軍の将にも最大の礼をとったこととか、
明治天皇の崩御の際に殉死したことで有名ですが、
なんと香川県とも縁のあるお方なのだそうです。
というのも、当社創建の契機ともなった、陸軍第11師団新設の際に、
初代師団長として任に当たったのだとか。
ちなみに、当社のすぐ近くには、陸上自衛隊の善通寺駐屯時があり、
その敷地内に「乃木資料館」もあります。

⑬讃岐宮・乃木神社(香川県善通寺市)

工兵隊の碑もひっそりとありました。
本当に、ひっそりと。


…思いはそれぞれあれど、
人の、平和を願う心と死者を悼む心にそう変わりはないと思うんですけどね…。




■讃岐宮(さぬきのみや)

「香川県護国神社」をはじめ「乃木神社」や「日本一社交通神社」など各神社の総称

《創建》
明治31年(1898年)善通寺に陸軍第11師団が新設された際にお祀りした「招魂社」が
昭和13年(1938年)内務大臣より、一県一社の「香川県護国神社」と指定される。

《祭神》
香川県出身の護国の英霊36000余柱

《参考》善通寺市HP(讃岐宮(護国神社))

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。