FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

大山祇神社(高知県香美市香北町)

③大山祇神社(高知県香美市)

太陽の光を浴びてきらめく木々が風にそよぐ
小川がサラサラと流れゆく境内で
穏やかで優しい時に出会いました。




①あんぱんまんミュージアム(高知県香美市香北町)

四国に帰省中、
チビ姫をつれて「香美市立やなせたかし記念館(アンパンマンミュージアム)」
にやってきました。
娘のお気に入りの本に、
アンパンマン列車(特急南風)の出発から終点までを写真で追った本があるのですが、
「土佐山田駅は、アンパンマンバスに乗り、アンパンマンミュージアムに行けるバスです。」
というその本の一節を、娘が何度も暗証して言うので、
アンパンマン列車(特急南風)で土佐山田駅まで行って
そこからアンパンマンバスを乗り継いで、ここまでやって来ました。

こちらの高知県香美市は、アンパンマンの作者・やなせたかしさんの故郷だそうですが、
とても豊かな自然に囲まれていて、
こんな土地で生まれ育ったからこそ、あんなに優しいキャラクターたちや
優しい物語や詩が、生まれたんだろう、と思います。
作品の路線は違いますが、
私の敬愛する、亡き水木しげる先生に通じるところがあるようにも思います。
お二人とも、豊かな山や森や川と、そこにある不思議、人知のおよばない何かに
耳を傾け、そこに遊び、大切にされてきた方々なのでしょう。

②詩とメルヘン絵本館(高知県香美市)

さて、記念館で「アンパンマンミュージアム」を堪能し、
別棟の「詩とメルヘン絵本館」へ行ってみたところ…
おや、向こうに、鳥居さんが…。

③大山祇神社(高知県香美市)

この日は風が強く、
神社を覆う木々がサワサワと音をたててしなる様があまりにも清らかで、
吸い込まれるように、神社の前までやってきました。

鳥居さんには「大山祇神社」とあります。

④大山祇神社・境内(高知県香美市)

くぐってみると、あら不思議。
思ったよりも杜が重厚で、どこに迷い込んでしまったのかと思います。
境内を流れゆく小川を渡った先に、小さな御堂があります。

⑤大山祇神社・石の手水舎?(高知県香美市)

この石は手水舎なのでしょうか…。

⑥大山祇神社(高知県香美市)

飾りけのない素朴なお社ですが、神聖なものを感じます。

⑦大山祇神社(高知県香美市)

社に掲げられた額には、
山祇神社を中央にし、磯上神社と日吉神社の名が記されています。

大山祇(山祇)神社といえば、
四国の隣県、愛媛県は今治市に総本社のある神社で、
山の神、海の神、そして、戦いの神として、源氏・平氏の武将をはじめ、
近年では、伊藤博文、山本五十六など、政治や軍の関係者から信仰された神社です。

⑧やなせたかし公園

このお社のすぐそばに、
やなせたかし公園という小さな公園がります。
やなせたかしさん自身をキャラクター化した〝やなせウサギ〟を中心に、
アンパンマンのキャラクターが集っています。

なんだか、いつもより流れている空気が緩やかというか、
時がゆっくりというか、止まっているというか、
次元の違う別の世界に来たような、心が洗われるようなひと時でした。




■大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)

《祭神》大山津見神(おおやまつみのかみ)

「磯上神社」と「日吉神社」を合祀
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。