FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

檜尾山春日神社(高槻市下)

0檜尾山春日神社・拝殿(高槻市下)

トンネルを抜けたその先に
街の喧騒から隠れるように鎮座される
厳かなお社です。




①檜尾山春日神社・参道(高槻市山手町)

西国街道を散策中
突如、鳥居さんと「春日神社」の看板を発見しました。

案内板の示す方向に向かって階段を上がると

②檜尾山春日神社・参道・交差点(高槻市山手町)

道路を挟んで住宅街が。
あれ?神社はいずこに?

③檜尾山春日神社へのトンネル(高槻市山手町)

山手橋という橋を渡り進むと名神高速と
その向こうへ繋がるトンネルにあたります。

④檜尾山春日神社・参道・お堂(高槻市山手町)

その手前に小さなお堂があります。

⑤檜尾山春日神社・参道・龍神様(高槻市山手町)

お堂の隣の石碑には
「白姫龍神」
「白蝶龍神」
と刻まれています。
なんだか龍神様には似つかわしくない可憐なお名前です。
なんだかそのお名前に惹かれて、後で、ネット検索してみると、
大阪は松原市の『土師弁財天』様の摂社に、
『白姫龍神社』として、白姫龍神様が祀られているとの由。
しかも、白姫様は龍女様で、土師氏の氏神様なのだそうです。
※土師辯財天さんのHP

土師氏といえば、
相撲の王者にして、埴輪造りの創始者である 野見宿禰を始祖とし、
古墳・埴輪造りをはじめとする葬送儀礼を司った氏族です。
言わずもがな、わが高槻ともご縁の深い氏族であります。
このすぐ傍にも、安満宮山古墳があり、
名神高速道路沿いに、ここから西に少し進むと、
今城塚古墳や、大田茶臼山古墳、をはじめとする古墳群があり、
また、大規模の埴輪工場(新池遺跡)もあります。
土師氏や多くの工人たちがこの付近に住まいしたことが目に浮かんでくるようです。

…と、古墳への思いはいったんそれくらいにして、
名神高速の高架をくぐってみると、厳かなお社が姿を現しました。

⑥檜尾山春日神社・鳥居(高槻市下)

階段を上がった先、正面にご拝殿があります。

⑦檜尾山春日神社・拝殿(高槻市下)

安満山を背にし、小さくも風格ある社殿です。
名神の高架で、お社がすっかり隠されてしまっているのが残念です。
高速道路や鉄道の開通によって、
参道とお社が分断されてしまったり、移動や、廃社となってしまったお社は
各地にたくさんあるのでしょう。

それでも、こちらのお社は、なんだか、街の喧騒や日常からかえって守らているような
気もしないではありません。
神様ご自身が、静けさの中にひっそりとお隠れになってしまわれたのかもしれません。



■檜尾山(ひおやま)春日神社(高槻市下)

詳細不明

《参考》高槻市HP(春日神社(檜尾山))

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。