FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

王墓山古墳(香川県善通寺市)

0王墓山古墳(香川県善通寺市)

そこは、王の立つ丘。
そこは、王の眠る丘。
眼下に広がるは、古代讃岐の田園都市。




香川に帰省中
姉ファミリーに有岡古墳群ツアーに連れてきてもらいました。
大麻山山上の野田院古墳から市街地の方へ降りてきて
王墓山古墳にやってまいりました。

①王墓山古墳・つくし(香川県善通寺市)

春ですねえ。
つくしんぼがたくさん生えています。

②王墓山古墳・三段構造(香川県善通寺市)

それでは、さっそく墳墓の方へ参りたいと思いますが、
さっそく目に止まるのは、
円墳部分中央へと続く階段と、その先の横穴式石室です。
石室内部は閉ざされていますが、
毎年4月29日の「古墳の日」には石室内部を見学できるのだそうです。
(同じく有岡古墳群の
宮が尾古墳の石室内部、野田院古墳の墳丘も一般公開されるとのこと。)

③王墓山古墳・横穴式石室(香川県善通寺市)

この埋葬施設、見ての通りの横穴式石室なのですが、
〝石屋形(いしやがた)〟とよばれる埋葬方法がとられているそうです。
〝石屋形(いしやがた)〟とはなんぞや!?ということですが…
九州地方の古墳によく見られる形式とのことで、
全国的にみて、横穴石室内部には、石棺などを納めることが多いのですが、
九州地域では、石棺をおさめず、
玄室自体の側面を、遺体を横たえさせる部分の側壁として利用して、
まるで寝室(玄室)のベッド(屍床石)に横たわるようなスタイル
がとられているそうです。
最近注目を浴びている装飾古墳である
王塚古墳(福岡県嘉穂郡桂川街)の玄室が、まさにその石屋形で、
あの遺体配置の状況をイメージすればわかりやすいと思います。

石室からは、
金銅製冠帽(かんぼう)や、銀象嵌(ぎんぞうがん)を施した鉄刀をはじめ、
武具・馬具、首飾りなど装身具、須恵器などの土器 と多数出土されていて、
特に、金銅製冠帽は、大和政権が配下となった地方豪族に渡したもの
とされていて、当地が大和政権下にあったことが分かります。

ちなみに、同系の首長墓とされる有岡古墳群の野田院古墳(3世紀後半)には、
すでに前方後円墳が採用されています。
前方後円墳は、大和政権独特の埋葬施設とも言われるので、
大和政権の成立初期から、与していたのかもしれません。

④王墓山古墳・竪穴式石室(香川県善通寺市)

それから、もう一つ特筆すべきは、
円墳部の円の先の傾斜部分に、
弥生時代の集団墓があることです。

⑤王墓山古墳・案内板・弥生時代の集団墓の様子

発掘調査時の様子が案内板に載っていましたが、
竪穴式石室や、箱式石棺、土坑墓が、合計15基発見されたそうです。

これは、弥生時代にすでに、
この地域の首長的な人物が存在していたことを物語っています。
弥生時代に誕生した有力者が、
一早く大和政権に与し、地域の首長として磐石な地位を築いていった
ということでしょうか。

⑥王墓山古墳・円墳部(香川県善通寺市)

さて、王墓山古墳母体ですが。
まあ、高くもられた墳墓です。
ちなみに、高さ約5m。
まるで、讃岐平野にポコポコあるお椀形のお山のようです。

0王墓山古墳(香川県善通寺市)

もちろん、墳頂に登ることもできます。
頂上はけっこうスマートで、
方墳部に立つと、前方後円墳特有の形を存分に味わうことができます。

⑦王墓山古墳・前方後円墳・横から(香川県善通寺市)

墳墓の周りをぐるりと一周することもできます。
柔和なくびれ。素朴で味がありますねえ。

⑧王墓山古墳・円墳部からの眺め(香川県善通寺市)

円墳部の頂きからの眺めです。
正面向こうに讃岐富士(飯野山)を
左手には、善通寺さんの五重塔を眺望することができます。
前方後円墳という形がありありと分かる丘に立ち
見渡すその風景は、格別。まさに王のみるべき風景。
とても心地の良い景色でした。




■王墓山古墳(おうはかやまこふん)

《エリア》 有岡古墳群

《時 期》 6世紀半ば

《形 状》 前方後円墳
      全長46m

《埋葬施設》横穴式石室

《被葬者》 地域の首長(有岡古墳群は同系の首長墓と考えられる)

《出土品》 金銅製冠帽(かんぼう)、銀象嵌(ぎんぞうがん)を施した鉄刀
       武具・馬具、首飾りなど装身具、須恵器など土器類も出土

《その他》  駐車場あり/眺望よし

《参 考》 
善通寺市HP(善通寺市デジタルミュージアム 王墓山古墳(有岡古墳群))
善通寺市HP(善通寺市の古墳を訪ねて)
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。