FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

小さな、はじめの一歩。

小さなはじめの一歩

明日は娘の入園式です。


この世に生まれた時からずっと
家の中と、家のすぐ近くの、小さな世界で、
笑顔をむけてくれる近しい人々に囲まれて
素直に、純粋に、元気いっぱいに育ってきた娘。


彼女は、まだ、人の悪意を知りません。
社会の広さも怖さも知りません。
もちろん、面白さも、素晴らしさも、多くは知りません。


3年と11ヶ月、彼女は、家という小さな世界で生きてきました。
赤ちゃんの時からよく泣く子で、
ほとんど私のそばを離れたことはありませんでした。


でも、誰でもいつかは、家という小さな世界の扉をあけて
自分一人の力で、一歩を踏み出さなくてはいけません。
そして、他人と、社会と、付き合って、
たくましく生きていける力をつけなければいけません。


彼女は、これから、たくさん傷つくこともあるでしょう。
悔しい思いも、恥ずかしい思いもするでしょう。
思い通りに事が運ばす、腹を立てることも大いにあるでしょう。
そのうち、きっと、ずるい思いなんかも抱くでしょう。

きっと楽しいことも、嬉しいこともたくさんあることでしょうけど、
私自身が、学校生活や子供時代、青春時代がしんどかったタイプの人間ですから、
不安が先に立ってしまいます。


そして、やっぱり胸が苦しいです。
娘が生まれてから24時間365日べったりで、
キャパシティの広くない私は、うんざりしていた時もあって、
早く幼稚園生活が始まればなあと思ったこともありましたけど、
やっぱり、ずっと私の手を握り締めていた小さな手が
離れていくと思うと、涙が溢れてきてしまいます。


けれど、これから先。
親の仕事は、子供を見守ることにシフトチェンジしていくのでしょう。
両親が私にそうしてくれたように、子供の一番の応援団になりましょう。

だから、
どうか無事に、元気に、ニコニコ大きくなってほしい、と
ただそれだけを祈って、母は、あした、笑顔で手を離しますね。


あした、一歩踏み出す娘よ。
がんばれ。

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。