FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

白鳥をモチーフにした葬空間を考え中


白鳥の群れ・折紙

この鳥たち、何に見えますでしょうか?
一応、白鳥を折っているつもりなのですが、そう見えますでしょうか?
最近、時間があれば、ひたすら白鳥を折り続けています。

実は、この白鳥で、オリジナルの葬空間を演出できないかな…
と思っているのです。

白鳥は、古来、死者の魂を天へと昇らしむるものとされていました。
その謂れは『古事記』『日本書紀』で語られるヤマトタケルノミコトの伝説にあります。
ヤマトタケルノミコトといえば、第12代景行天皇の皇子で
九州の熊襲討伐で、女装して宴会に忍び込み熊襲兄弟を討ち果たしたり、
東征の折に火攻めにあい、草薙剣をふるって九死に一生をえたり、
という伝説で有名です。
これは大和王権の覇権をのばす西征東征のお話で、
あながちただの伝説ではなく、本当にモデルとなる人がいたんじゃないかなあ
と私は思っているのですが、それはさておき、
このヤマトタケルノミコトは、東征の最中に怪我を負って
三重県鈴鹿付近で亡くなってしまうのです。
そして、大和から駆け付けた奥さんや子供がお墓をつくると、
なんと、白い白鳥が天高く翔け上がり海に向かって飛んでいったというのです。

白い鳥。
死者の魂が宿るにふさわしい生き物ですよね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。