大塚池古墳(香川県善通寺市吉原町)

0大塚池古墳と筆の山(香川県善通寺市吉原町)

なだらかな三角を描く讃岐の山に
守られた小さな池。
その池には巨石でできた古の墓が
沈んでいるという…。




夏に帰省した時、八十八ヶ所のお寺参りに
香川県は善通寺市にやってきたのですが、
Googleマップで道順チェックをしていると、
なんと、その道中に古墳があるとのことで
寄り道することにいたしました。

①筆の山 (香川県善通寺市吉原町)

今回は第72番曼陀羅寺と第73番出釋迦寺に
お参りさせていただこうと、
JR善通寺駅から、第75番善通寺を経由し
てくてく歩いてきましたら、
ぽっこり山が見えてきました。
あれに見えますのは、
善通寺五岳山の一つ・筆の山(ふでのやま)
でございます。

香川県には、日本昔話に出てきそうな
こんな可愛らしい山がぽこぽことあるのですが、
ここ善通寺市には〝屏風ヶ浦〟とよばれる
屏風のように連なる山が5つあって
〝五岳山〟として地元の人々に愛されているのです。

②大塚池古墳と筆の山(香川県善通寺市吉原町)

池に出ました。
こちらは大塚池といって農業用の溜池です。
こういう溜池も讃岐の地形の特徴です。
お椀型の小さな山と溜池。
これこそが讃岐の風景なのです。

③大塚池古墳と我拝師山(香川県善通寺市吉原町)

池の南には、
屏風浦の五岳の一つ、我拝師山(がはいしざん)
がすぐそこに迫っています。

そして、古墳はどこかいなと
池の周囲を歩いていくと…

④大塚池古墳・レプリカ(香川県善通寺市吉原町)

小さな丘が!

⑤大塚池古墳・レプリカ石室(香川県善通寺市吉原町)

群集墳のような小さな墳丘で
横穴式の石室が内蔵されておりますが、
案内板を読んでみると…

⑥大塚池古墳・案内板(香川県善通寺市吉原町)

「大塚池に残る巨石は、6世紀末~7世紀初頭
 古墳時代の終わり事に造られた古墳です。」と…
うん?…池に残る巨石? ということは
古墳は池の中にあるということですか!?

⑦大塚池古墳・石室(香川県善通寺市吉原町)

あ、もしかして、あれがそうですか!?
あの水神様の岩場みたいなあれが?
さっきはスルーしてしまった岩場ですが
これが石室なんですね!!
古墳の盛土は、溜池の堤防を作るのに
使われてしまったのだそうです。
溜池を作る時に、
古墳をよけて作っても良かったんじゃないかなあ
なんて思いますが…。

それで、手前の墳丘は一体なんなのでしょうか。
墳丘長25mとのことですから、復元でもなさそうで、
他の群集墳か何かでしょうか???

⑧大塚池古墳・案内板

ちなみに、こちらの古墳は
「吉原椀貸塚(よしわらわんかしづか)」とも
よばれていたのだそうで、というのも、
冠婚葬祭などでお膳の椀が足りない時に
前もって必要な数を貸してくれるように
お願いしておくと、膳椀が用意されるという
〝貸椀伝説〟があったのだそうです。
使用後は洗って戻す決まりがあったのですが
誰かが守らなかったことで貸してくれなくなった
とも言われています。
これは、古墳の石室内に副葬された土器が
盗掘などで持ち出されてしまう様子を
表したものとも考えられているのだそうです。

⑨大塚池付近

池の西側には、
のどかな風景が広がっています。
田舎で、何もなくて、でも
涙が出てくるほど美しい風景です。

⑩水分神社(香川県善通寺市吉原町)

近くに、水分神社というお宮さんがありました。

⑪水分神社・お百度石(香川県善通寺市吉原町)

お百度石には、まだ数え札が残っています。

⑫水分神社からの筆の山(香川県善通寺市吉原町)

この景色!

一つ一つの景色が心に染みるのは
私が香川で生まれたからでしょうか。
それとも、香川を出ていったからでしょうか。
はたまた、誰の目にもそう移るのでしょうか。





■大塚池古墳(おおつかいけこふん)

《別 名》 吉原椀貸塚古墳(よしわらわんかしづかこふn)
《時 期》 6世紀末~7世紀初頭 古墳時代後期
《形 状》 円墳
《規 模》 円墳:直径約25m
《埋葬施設》横穴式石室(巨石墳)
《規 模》 石室:全長12m
       玄室:長さ6.2m、幅2.5m/羨道:長さ長さ6.6m、幅1.7m
《被葬者》 地域の首長
《参 考》
・善通寺市HP デジタルミュージアム 吉原椀貸塚古墳(大塚池古墳)
・善通寺市HP【動画】善通寺市の古墳を訪ねて

スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?