FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

《四国第67番札所》大興寺(香川県三豊市)



0《四国第67番》大興寺・桜満開(香川県三豊市)

薄い桃色の空が降ってくる
太陽の光と桜の煌きが
シャワーのように降り注ぐ
今日しか巡り会えなかった絶景



第70番本山寺第68・69番神恵院・観音寺
お参りして、観音寺名物・銭形の砂絵も見て、
境内のカフェでスイーツも食べて、
帰りはタクシーで駅まで行くか~と
お寺の駐車場でタクシーを待っていたんです。

①観音寺さんにあったMAP

待ちながら案内MAPを見ていて、
母が「この辺にあるお寺はこれでおしまい?」と聞くので
「いや、もうひとつ。大興寺さんがあるんだけど…。」と答えると
母が一言「そこも行ったら。」
「いやいや、今日は行くつもりにしてなかったから。」
そう、今度じっくりと行くつもりにしていたんです。
「また、いつ来れるか分からんやん。」
「私は、行ってもいいけど。」
「後で、行っとけば良かったって思わへん?」
と、次から次へと、悪魔のささやきが。
いやいや、おチビも疲れてるし、また改めて行くつもりだからと
タクシーに乗ったのですが、
観音寺駅が近づいてきた時に、
「すいません、大興寺さんに行き先変更してください。」
と、言ってしまったんですよ。つい。

②《四国第67番》大興寺からの景色(香川県三豊市)

それで来ちゃったんです。

③《四国第67番》大興寺・山門(香川県三豊市)

大興寺さんに、あっという間に、ぴゅんと
着いちゃったんです。
だから、これは、あくまで仮ということで、
また、再訪問も視野にいれるということで、
でも、せっかくなのでお参りさせていただきます。

④《四国第67番》大興寺・お大師様(香川県三豊市)

ね。お大師さま。

⑤《四国第67番》大興寺・カヤ(香川県三豊市)

山門をくぐったところに、
立派なカヤが生えておりました。
お大師様、お手植えだそうです。

⑥《四国第67番》大興寺・本堂(香川県三豊市)

本堂です。

⑦《四国第67番》大興寺・ビンヅルさん(香川県三豊市)

ビンヅルさん、本堂脇に出ておいででした。
お顔、笑ってる。

⑧《四国第67番》大興寺・大師堂(香川県三豊市)

大師堂です。

⑨《四国第67番》大興寺・鐘堂と桜(香川県三豊市)

そして、桜がすごい。
今にも散り出しそうな桜で
境内は春が満ち満ちています。

⑩《四国第67番》大興寺・桜と石仏(香川県三豊市)

⑪《四国第67番》大興寺・桜とお地蔵様(香川県三豊市)

⑫《四国第67番》大興寺・境内の桜(香川県三豊市)

桜!桜!桜!
今にもハラハラ散ってしまいそうな満開で、
次の瞬間には失われてしまいそうな
はちきれんばかりの美しさを不安定に保っている。
こんな景色は、きっと
今日、今でしか見られなかったでしょう。

この景色を、母と娘と三人で見れて良かった。

⑬《四国第67番》大興寺・山門裏(香川県三豊市)

だから、今日、お参りに来て良かったのです。





■《四国第67番札所》不動光院 大興寺(ふどうこういん だいこうじ)

《所在地》 香川県三豊市山本町
《山 号》 小松尾山(こまつおざん)
《宗 派》 真言宗善通寺派
《本 尊》 薬師如来
《創 建》 天平14年(742年)東大寺の末寺として建立
《歴 史》
弘仁13年(823年)空海が、嵯峨天皇の勅願で再興
天正年間(1573~1592年)長宗我部元親の兵火で本堂以外を焼失
慶長年間(1596~1615年)に再建されるも再び焼失
寛保元年(1741年)に現本堂建立

《参 考》四国八十八ヶ所霊場会HP(大興寺)

八十八ヶ所納経帳(御朱印帳)カバー付き 小桜流水(赤)  蛇腹タイプ/大判/表題ラベル付き/

価格:3,024円
(2018/5/25 22:07時点)
感想(0件)




四国八十八ヶ所納経帳 線描画入 空海ブルー

価格:2,200円
(2018/5/25 22:04時点)
感想(9件)





四国八十八ヶ所宝印軸【仏上表装仕立】尺八立(準金襴) 掛け軸・表装・表具【掛軸・修理・修復】

価格:18,309円
(2018/5/25 22:06時点)
感想(8件)




関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。