FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

恵解山古墳(京都府長岡京市開田)

①恵解山古墳(京都府長岡京市開田)

約600本もの円筒埴輪や朝顔型埴輪が立ち並ぶ様が清々しい
京都府乙訓地域で最大規模の古墳です。



JR線の電車にゆられていて、長岡京駅~大山崎駅で
ふと目に付くノボリと、立ち並ぶ円筒埴輪の正体を
確かめるべく、長岡京市にやってきました。

②阪急西山天王山駅(長岡京市)

ちょうどJR線と阪急線が並走していて、
どちらの線の、どの駅が近いのかなと考えて
阪急の比較的最近になってできた「西山天王山駅」に降り立ちました。

駅の東口から出たところに
「恵解山古墳までの距離1.1km」とあったので
まあ、これなら歩ける距離かな、とボチボチ歩いていくことにしました。

府道204号線、通称サントリー通りを直進していきます。

JRの高架をくぐり、
サントリー京都ビール工場を右手に見ながら進み

④恵解山口・恵解山古墳(長岡京市)

恵解山口の交差点を左折して
少し歩くと古墳の姿が見えてきます。

⑤恵解山古墳・入口(長岡京市)

恵解山古墳、到着です。
こちらは、平成26年の秋に古墳公園として新しく開園したのだそうです。

⑥恵解山古墳・全体(長岡京市)

いやあ、壮観!
しかも子供と散歩するには、ちょうどいい大きさの気がします。

⑦恵解山古墳・前方部分(長岡京市)

三段構造の古墳と、整然と並ぶ円筒埴輪たち。

⑨恵解山古墳・円筒埴輪・朝顔型埴輪(長岡京市)

約600もの円筒埴輪や朝顔型埴輪が整列する様は爽快ですね。

⑩恵解山古墳墳頂・蓋型埴輪(京都府長岡京市)

前方部の墳頂には、蓋(きぬがさ)型埴輪もあります。

⑪恵解山古墳墳頂・鉄製品出土

また、この墳頂からは、
約700点にも及ぶ鉄製武器が納められた埋納施設が
発見されたのだそうです。

⑬恵解山古墳・墓地と街(長岡京市)

後円部は墓地になっていました。
古代のお墓の上にある、現代のお墓、そして、そこから見る街。
こういう風景、なんとも言えず、好きなのです。

⑧恵解山古墳・西造り出し(長岡京市)

古墳の東西には造り出しの部分があったと考えられます。
こちらは西側の造り出しの部分。
ここで葬送儀礼が行われたのでしょうか…。
ちなみに東側の造り出しの部分からは
水鳥の埴輪が発見されたそうです。
水鳥は死者の魂が宿るものとされています。
記紀神話では、ヤマトタケルが死んだ時に
白鳥が飛び立っていたというくだりがあります。

このような墳形は天皇墓にならっていると考えられ、
被葬者は、土地の有力者で
王権とも強い繋がりを持っていた人物だと推定されています。

⑫恵解山古墳・六地蔵と古墳(長岡京市)

それから、後円部も回り込んでみました。
六地蔵さんと古墳。
なんともいえない風情がありますよね。

しかもここは、
織田信長を討った明智光秀が秀吉勢と対峙した
あの山崎合戦で、本陣をかまえた場所だったのではないかと
考えられているそうです。
(※境野一号墳(京都府乙訓郡大山崎町)という説もあります。)
ここが光秀は無念も敗れた地であったのかと思うと
また、うら寂しいものを感じずにはいられません。

⑭古墳にはまってしまった娘

そして、最近、すっかり古墳にはまってしまっている娘です。
毎晩、絵本代わりに古墳や埴輪のパンフレットを繰り返し読んでいます…。
その原因は、私が8割なのですが…。(2割は、我が街・高槻市にあります。)
ちなみに、数ある埴輪の中でも、円筒埴輪が大のお気に入りの娘は
たくさんの円筒埴輪が並ぶ様をみて、今日は大満足だったようです。




■恵解山古墳(いげのやまこふん)

《時 期》 5世紀前半(古墳時代中期)

《形 状》 前方後円墳(三段構造)
     墳丘自体の長さは、約128m 
     後円部の直径は、約78.6m 前方部の幅は、約78.6m
     墳丘の周囲に幅25~30mほどの浅い周壕があり、
    全長は約180mで乙訓(おとくに)地域最大規模です。

《被葬者》 不明(乙訓地域の支配者と考えられる。)

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。