FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

境野一号墳(京都府乙訓郡大山崎町下植野境野)

境野一号墳・サントリービール工場から

恵解山古墳(京都府長岡京市開田)に遊びに行った時
阪急西山天王山駅からの道中にあった
サントリー京都ビール工場の大きな施設の奥に、
あれは古墳やろっ!というこんもりした森を発見。

恵解山口を右折して工場の裏手に回ってみましたら
案の定「境野一号墳」という古墳でした。

境野一号墳

ちなみに、この案内板は、住宅地の中に、
古墳に隣接するようにある墓地の傍にあります。

境野一号墳・六地蔵と古墳

新旧の墓地の風景。
恵解山古墳もそうでしたが、
六地蔵さん越しにみる古墳の森には、
なんともいえない風情を感じます。
時代の流れと人の世の儚さというか…。

ちなみに、ここ境野一号墳は
天正10(1582)年「山崎合戦」の時に、
豊臣勢を迎え撃つべく明智光秀が本陣をかまえた
場所ではないかと考えられているそうです。
『太閤記』に「〝御坊塚〟に光秀本陣が置かれた」とあり
周辺地形から、当古墳がそれであると考えられるのだそうです。
(※恵解山古墳であるという説もあるようです。)

光秀が散っていた地であることを思うと、
また物哀しく胸にしみる古墳の姿であります。




■境野一号墳

《時 期》 4世紀後半(古墳時代前期後半)

《形 状》 前方後円墳
     墳丘自体の長さは、約58m 
     後円部の直径は、約32m 
     前方部が二段、後円部が二段か三段に築かれ
     斜面には葺石(ふきいし)が施されていたそうです。

《被葬者》 不明


関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。