FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

安満山古墳群・A1号墳(高槻市安満御所の町)

広大な公園墓地の広がる安満山の中腹に
多数発見された古墳群の中で
唯一保存されているというA1号墳を拝見しました。

①安満山古墳・A1号墳(高槻市安満御所の町)

■安満山古墳群(あまやまこふんぐん)

築造:主に6C後半~7C(古墳時代末期)
   4Cに遡る古墳もある。

形状:横穴式石室をもつ約50基の円墳が確認済。

被葬者:桧尾川(ひおがわ)流域集落の有力者

副葬品:提瓶(ていへい)、高杯(たかつき)、金環、ガラス玉など

■安満山A1号墳

形状:直径約12mの円墳。
   石室は5.1mで南向き。

被葬者:2名と思われる。

副葬品:多数の須恵器、2対の金環など

②安満山A1号墳・案内板(高槻市安満御所の町)

安満宮山古墳を目指して山道を登っているところ
到着の直前に『安満山A1号墳』という看板を見つけたので
行ってみました。

ちなみに、「安満山古墳群」ならびに「安満宮山古墳
のある安満山の丘一体は、
現在、広大な高槻市公園墓地となっていますので、
高槻葬祭センターと公園墓地を目指せば
いずれの古墳にも出会えます。
公共の交通機関の最寄り駅は、高槻市営バスの「磐手橋」で
そこから山道を歩くと、約25分程度で到着できます。
ちなみに、墓地参拝者用の駐車場がそこかしこにありますので、
車で行くことも可能です。

③高槻市立葬祭センター(高槻市安満御所の町)

坂道を上がり始めてすぐに高槻市葬祭センター(火葬場)があって
ここに「安満宮山古墳」と「安満山古墳群」の案内板があります。

⑤安満宮山古墳へ(高槻市安満御所の町)

ここから山道をくねくねと上がり、
安満宮山古墳の手前に「安満山A1号墳」があります。

③安満山A1号墳・石室(高槻市安満御所の町)

ぽっこりした円墳の真ん中に
南向きの石室がきれいに残されています。

④安満山A1号墳・観音様(高槻市安満御所の町)

石室の北側に〝天聖霊安観音〟という観音様がいらっしゃいます。
古代の墓から観音様ごしに見る現代の墓地。
世間虚仮、唯仏是真という境地でしょうか。

⑱安満宮山遺跡付近からの眺め

ちなみに、この古墳に立ち寄られた際には、
安満宮山古墳はもちろんのこと、
すぐ傍に大変見晴らしのいい場所がありますので、
ぜひいらしてみてください。
「悠久の丘」という案内標に沿って坂道を少しあがり
「悠久の丘 90m」という案内標のところから、
悠久の丘方面(左側)とは反対の右側に行ってみると、
大阪平野から京都方面まで見下ろせる絶景が広がっています。

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。